ABOUT本物の家を望む方へ

『目に見えない場所』とはどこなのか、
『目に見えない場所』こそが本当の意味で
良い家・家族が快適に暮らせる家

昨今では様々なハウスメーカー・様式・工法・デザインがあり、どこに頼めばいいのか?
工法は何が良いのか?悩んだ末にテレビでCMをしているから・知り合いが建てた会社だから、
大手ハウスメーカーなら安心、大手で建てると鼻が高いなどの考えから最終的に大手ハウスメーカーに依頼される方が多いのが現状だと思います。

私自身も建築に携わるまでは同じ考えでした。現に今の家も某ハウスメーカーさんに建てて頂きました。
では、自分や家族にとって最高に心地いい空間なのか?と聞かれると正直首を縦にふれません。
間取り、動線等、当然考えた上で着工に至ったわけですが、住んでみて初めて分かった事、
不便に気付いた事が結構あったのです。
窓の位置一つとっても失敗したな・・・と思う場所があったり、特に、家作りの知識が無く、
言われるがまま全てをお任せにした、“目に見えない場所”に不満と後悔が残ります。

チェック まだ年数も経っていないのに床が沈む。音が鳴る。
チェック 新築して3ヶ月で雨漏りがした。
チェック 夏、上の階が暑くてエアコンが効かない。
チェック 夜、周りが静かになると話し声・テレビの音が外に丸聞こえ。
チェック 窓や扉が開け閉めづらい。
チェック クロスの継ぎ目からめくれてきた。

皆さんの周りでこんな事を耳にしたことは無いですか?
要は、仕上げ材(フローリング・壁紙・屋根瓦等)や設備機器(風呂・トイレ・キッチン等) これらは高価な物は当然良くて当たり前の物、建物の土台とは直接関係無い物だという事をまず理解してください。

一般的に水回りにお金を掛けた家は見た目も豪華になりますし、良い家って印象になりますよね?
では豪華装備・お金を掛けた=良い家でしょうか?
設備機器は家電品等と何ら変わりありません。交換すれば良いのです。
家の良し悪しとは骨組みであったり、壁の下地の施工、床組の施工、防音・防温に関連してくる断熱材等、
仕上げ材で隠れてしまうところで決まると私は考えます。
逆に考えれば隠れてしまうから手抜き工事をしやすい所でもあるのです。
よくテレビ等で悪徳リフォームや欠陥住宅というものが取りざたされていますが、ほぼここに尽きる話です。

KIWAMI工房ではこの事を第一に考え、永く、安心して住んで頂ける家づくりをモットーに考えます。
欠陥住宅等については何故そんなことが起こるのか?その道のプロが施工しているはずなのに何故わからないのか?を悩み相談室にて説明致しますのでそちらをご覧ください。
またそれぞれ建築材料の比較等もご紹介していきますのでそちらも合わせてご覧ください。

動線をしっかり考えた設計

動線マップ
  • 1家事導線。調理中に洗濯終わり、乾燥終わりが分かるようにキッチン横に洗面室を配置。
  • 2洗濯・乾燥が終わったら即、隣のクローゼットへ衣服を仕舞える。
  • 3リビングに来客中でもお客様に会わずに風呂・着替えができる。2Fへも行ける。
  • 4リビング横に、たためコーナーを設けることでお子様の勉強にも目が届く。
  • 5車で帰宅され、勝手口よりキッチンへ荷物を楽に持っていける。

基本的な考えとして面倒でないこと

私自身もそうですが、人は基本的に面倒くさがる生き物です。
毎日を過ごす自分の家で意味なく遠回りするのは誰でもいやです。そこで動線はよく使う部分を短くして、なるべく面倒だと感じない様配慮し間取り作り致します。
お施主様それぞれの家での行動パターン等じっくりお話させて頂き、最良の動線をご提案させて頂きます。

例えば・・・
・家族が多く洗濯の回数が多いので、洗濯機とバルコニーの距離を短くする
・ご両親の介護をされているので風呂、トイレを広く、かつ寝室から近く。
・普段の買い物は車で行くことが多いので駐車場からキッチンへ雨にもかからず荷物が運べるように。
といった感じです。

シンプルであること

小さなお家ではあまりないと思いますが、少し広くなると動線が複雑になることがあります。
家が迷路みたいになってしまいどっちだろう?って考えながら動かないといけないのは嫌ですよね?
ですから、なるべくシンプルで簡単な動線になるように間取り作り致します。お客様にも案内しやすかったり、家族の気配が感じやすくなる様にという要望も多いです。

安全であること

家の廊下・階段は街中で例えると道路。交差する場所とか、人がすれ違う場所には特に注意します。
家の中で人がぶつかったりとか、荷物を持って通りにくいということにならないよう配慮します。階段もゆるやかでシンプルなかたちの方が事故が起こりにくいです。
お子様やご高齢の方がおられるお家は特にお気をつけ下さい。

光熱費を安くする

部屋数を多くしたい、リビングは広く、吹抜けを作って豪華に魅せたい等々、お施主様のご要望は様々です。
しかし、そこで忘れてはいけないのが日々の生活費の中で少しでも抑えたい光熱費。

・広いリビングには満足だけどエアコンの効きが悪い
・窓が大きかったり多くて明るいのはいいけど夏暑い
・風呂の浴槽を大きくしたけどガス代・水道代が高い

見た目をよくすると空調設備・給湯機に対する負担は大きくなることが多いです。
だからといって部屋や、お風呂を狭くしたり、吹抜けを無くす事なく光熱費を抑える提案もさせて頂きます。
玄関・階段室と25帖のリビングを吹抜けでつないだお家でも、真夏の電気代が¥13,000でおさまったと感嘆のお声も頂いております。

快適さがなによりも重要

まずはお気に入りの場所作り。
ご家族ならお母さん・お父さん・お子様がそれぞれ家に居てホッとできる空間作りにも努めています。
後はほぼ主婦目線にはなりますが、キッチンの使い勝手、
洗面台の使い勝手収納等出来る限り無駄な空間を省きストレスの無い生活を送って頂ける様アドバイス・ご提案致します。

例えば

・生ごみの臭いが気になるから外に出したいけど、都度外まで行くのが面倒
・まな板とフキンをキッチンの上で乾燥させると見た目が嫌だ
・エアコンの暖房は部屋が乾燥して嫌だけど寒いのも嫌だ
・衣替えの度に大量の衣類を移動させるのは面倒だ
・来客中でもトイレ・お風呂は人目に触れず入りたい

等々色々あると思いますが全て解決できます!どんな細かな要望にも快適さの追求に努力は惜しみません。



CONTACT

小さい商品・工事から大きい商品・工事まで
電気のことからお家のことまで当社にご相談いただければ解決いたします。

お気軽にまずは、お問い合わせください。

MAP

TEL 0774-23-0166
〒611-0025 京都府宇治市神明宮東22-10

KIWAMI工房
〒611-0025 京都府宇治市神明宮東22-10
TEL:0774-23-0166
営業時間:10:00 - 19:00
休業日:水曜・祝日
大明デンキ[本店]
〒611-0042 京都府宇治市小倉町南浦30-28
TEL:0774-22-0895 FAX:0774-22-0895
営業時間:09:00 - 19:00
休業日:水曜・祝日

大明デンキ[神明店]
〒611-0025 京都府宇治市神明宮東22-10
TEL:0774-23-8100 FAX:0774-23-8100
営業時間:09:00 - 19:00
休業日:水曜・祝日

日本住宅保証検査機構

一般 建設業許可 建築工事業 京都府知事 許可 第39566号

Copyright 2019 KIWAMI工房. All Rights Reserved.
TOPへ